とみえライフ

かけだしライターの見たもの、食べたもの、書いたもの

『京都祇園で1人飲み!2千円以下の激ウマ飲み屋10選』の裏話・公開後の反響

こんにちは!甘党なのに辛口カレー専門店に入ってしまい、死にそうになったとみえみさとです。
(カレーの味はとても美味しかったです)

 

先日、書かせていただいた記事の裏話や、公開後にいただいたコメントなどを紹介します。

書かせていただいた記事はこちら。

organicnotebook.com

 

取材の裏話

 

1.笑顔の写真を撮る難しさ

f:id:mitan_555:20170601175640j:plain

 

最初に祇園のお店を回ったのが、5月3日。
GW真っ最中の時期でした。

プライベートで同僚とカラオケで歌い尽くした後だったので、正直ヘトヘトの状態。
カラオケではしゃいだことを後悔しました。

そのため、記事の中の写真では、わりと無理やり笑顔を作っています。

 

同僚「とみえさん、ちゃんと笑ってください!」

とみえ「はい!(最上級のアルカイックスマイル)」

同僚「笑顔が固い!!!」

 

このやりとりを何度繰り返しただろうか……。
同僚のTさん、本当に撮るのが面倒なヤツですみませんでした。

 

 

2.京都人に対する固定概念の裏切り

 

あと、京都の祇園でお店をやっていらっしゃる方って「THE・京都人!!」みたいな方が多いと思っていたんです。

 

「うちイチゲンさんはお断りしてますねん。」
「今日はやってませんねん。」
「うちにはそんな安いのありませんねん。」

 

※私の勝手なイメージ、完全な偏見です。

 

しかし、実際に行ってみたら気さくで優しい方ばかりでした。
京都の人々や、祇園という街が身近な存在になった気がします。

 

記事へ寄せられたコメントや反響について

 

今回書かせていただいた記事は、おかげさまで多くの方に読んでいただきました。

ありがとうございます、本当にありがとうございます。


その中でいただいたコメントを一部紹介させていただきます。

 

はてなブックマークのコメント

 

はてなブックマークのユーザー様は、やはり重箱の隅をつつくような大変勉強になるコメントを残されていかれる方が多かったです。


以下、はてブに寄せられたコメントです。

 

「鴨川の西側は祇園ちゃう」

祇園とその周辺を含むということを明記していなかったので、指摘されてしまいましたね…。
「〜ちゃう」というコメントに京都人みを感じます。

 

「滋賀出身の自称京都に詳しいライターって設定に無理あり過ぎる」


あ、滋賀出身ではありますが、京都の専門学校(祇園の徒歩圏内)に通っていたので京都にはかなり詳しい(はず)です。
そこをアピールしておけば良かったですね。

 

「ま、滋賀は「京都新聞」だし、京都に入れてあげなよ」

なんて心の広いお方なんだ…!
滋賀県民って結構京都行くんですよ。滋賀に何もないから。
京都の人からすれば迷惑かもしれませんが、京都人とは家族みたいなとこあります。

 

「僕は最初のお店のおかわり自由は惹かれた。」


おかわり自由ってなんかいいですよね、実際はおかわりする前にお腹一杯になることが多いのですが…。


Twitterのコメント(一部)

 

 

次のリクエストまでいただきました。

機会があれば、ぜひ書かせていただきます! 

 

 

ウワーありがとうございます!!!

と思った瞬間……。

 

 

 おいちょっと待てーい!!!

さっきの喜び返して〜〜〜〜!!!

 

 まとめ

ライターとしてはまだまだ修行中ですので、これからもっと役立つ記事が書けるよう、精進してまいります。
記事をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました!